初心者投資家


こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

私は超初心者投資家です。

そんなに賢くもないし、日々平々凡々なOL生活を送っています。

無駄遣いもしちゃうし、可愛い姪っ子のためなら大盤振る舞いしちゃう叔母バカですw

 

私の投資歴はというと。。。

 

10年くらい前に郵便局の窓口で投資信託を窓口の人に言われるがままに進められて入りました。

知識がなくて自分で選んでないので後から考えたら失敗した投資だったと反省。

長年元本割れでマイナス続きでどうにもできず、もうどうでもいいやと長年放置してました。

ようやく元本以上に回復してきたので、先日手放せました。

 

スポンサーリンク

あと東京電力の株を譲り受けて保有していますが、ご存知のように東日本大震災で株は大暴落。

譲り受けた株なのでそれほど痛手はおってませんが、手放すことも出来ずに保有しております。

私の投資歴は順調ではありませんw

 

投資って怖いなぁって思っているのが正直な気持ちです。

投資って言われるままに買ったりすると危険だから、やっぱり知識がないから怖いのだと思ったので、今は少しずつ勉強しなければと思ってます。

 

最近ロボアドバイザーの投資を始めたばかりですが、まだまだ勉強中です。

ETF難しそうですが、ロボアドなら初心者にもはじめやすいと思います。

私が運用しているロボアドの投資対象はETFのみです。

 

Exchange Traded  Fund

  証券取引所で、取引される、投資信託

 

ETFとは「上場投資信託」のことで、数多くの銘柄に分散して投資を行い、また低コストであるため投資家にも人気です。

 

ETFの魅力は、投資信託と株式投資の両方のメリットを合わせもっていることです。

 

世界には数多くのETFが存在していますが、その中でも私が運用しているロボアドは低コストなETFを厳選して投資対象としているようです。

 

各資産クラス「米国債券」「新興国株」などに対して1銘柄の低コストなETFを選定しているので、極端に大きな損失を被る可能性は低い。

ETFを投資対象とすることで、資産の大小に限らず世界50カ国以上に国際分散投資が行えます。

 

ただし、為替ヘッジは行わないので為替の急変動には注意です。最も、為替ヘッジを行わないという方針は、円安になれば利益に直結するので一長一短です。

 

●為替ヘッジ (かわせヘッジ)

為替ヘッジとは、為替の変動による外貨資産の円ベースの価値の変化を回避することです。ヘッジ(hedge)は直訳すると「避ける」という意味です。

一般的に海外の株や債券などの資産に投資する場合、その国の通貨で運用が行われます。そのため、為替の変動により、円に換算する際に資産価値も変動することになります。

このような為替の影響を避けることが為替ヘッジの目的です。為替ヘッジを行うために、先物取引や信用取引などの取引が行われますが、相応のコストが必要となります。

為替ヘッジをしているといっても、完全に為替の影響を回避できると保証されているわけではありません。また、為替ヘッジのためのコストがかさんで資産が目減りする可能性もあります。

海外資産で運用する投資信託では、必ず目論見書に為替ヘッジを行うか、行わないかが記載されています。両方の設定がある商品の場合、多くは商品名の後ろに「ヘッジあり」「ヘッジなし」と記載されています。

~7月から始めたETFロボアドの運用状況です~

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です