年末調整


 

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

会社から年末調整の提出書類をもらいました。

 

もうそんな時期なんですね・・・

明日さっさと終わらせよっとo(`ω´ )o

 

会社員の方は毎年年末になると、勤めてる会社にいくつか書類を提出して、年末調整という作業をしてもらいます。

 

年末調整が行われた後にお給料をもらう時に、支給されてる額が少し多くなっていたことがあったりしてラッキーって思ったことはありませんか?

 

スポンサーリンク

所得税は1年間の所得によって決まるのですが、毎月引かれている金額は確定の金額じゃないのです。

 

1年間の所得が確定した年末に、確定した所得税と今まで払った分の所得分の過不足が計算されて、払い過ぎた分はかえってくるし、足りなかった分はお給料から引かれることになる。

 

この仕組が「年末調整」です。

 

年末調整の際には扶養家族だったり、保険・住宅ローンについての書類を提出すると思いますが、これらの書類が生活の状況に合わせて税金を調整するためのアイテムなのです!

 

保険を払っている、扶養家族がいる場合はそうでない人より所得税が少なくなる仕組みになっています。

 

私の場合おひとりさまなので、唯一控除受けられるものが生命保険や年金保険・傷害保険などです。

保険はリスク管理のために加入している場合が多いですが、所得税の控除が受けられるのもメリットですので、上手に活用したいものです。

 

ただ控除には限度額がありますので、保険は経費もかかるので見極めて加入したいものです。

 

たいていの人はこの年末調整で税金の計算は済むのですが、下記のような人は確定申告の必要がありそうです。

 

確定申告が必要な方

  • 給与が年間2000万円を超える人
  • 給与を2箇所以上から受けている人
  • 副業をしていて、20万円以上の収入がある人

 

確定申告をすることでさらに控除を受けられる方

 

  • 高額な医療費を払った人
  • 家を購入して住宅ローンが1年目の人(2年目からは年末調整)
  • どこかへ寄付した人
  • ふるさと納税をした人
  • セルフメディケーション税制の対象となる薬を一定購入した人
  • 年末調整でだしそびれた控除証明がある人など

 

確定申告の書類は作るのが大変なイメージがありますか、インターネットで必要事項を入力していくだけで申告書が作れます。

 

必要なものをもって税務署に相談にいけばやり方は教えてくれます。

 

わたしも今年は歯医者に多く通ったので、医療費を多く払ってますし、ふるさと納税もワンストップ特例制度を利用しなかったので確定申告をする予定です。

 

自分のできる時間を使って、面倒と思わず申告をして納めすぎた税金は返してもらいましょう⊂((・x・))⊃

 

投資で収入を増やして、税金払いたくないね~なんて言いながら確定申告をするのが私の目標です(๑˃̵ᴗ˂̵)

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です