FXスタート


こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

先日のセミナーの翌日から、さっそくFXスタートしましたぁ(*´ω`*)

 

 

・・・といってもいきなりわけわからないことやったり、あたふたしました(;´д`)

 

セミナーのランチ会で出会ったFX講座一期生の方のLINEグループに入れていただいたおかげでわからないことを教えてもらったりできました!

 

分からないことは素直に聞くに限りますね(*´꒳`*)

 

土日は取引できないらしく、一日だけやった感じでした!

来週からまた頑張ります♪

スポンサーリンク

 

 

今日はFXの確定申告についてです!

 

会社員や主婦の方の中には、「確定申告なんてしたことがないし、関係ないんじゃない?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、会社員や主婦の方でもFXをしているなら話は別みたいです。

 

FXについては、そもそも「特定口座」という制度がありませんので、一定以上の利益が出ている場合には、誰でも確定申告が必要なのです。

 

負けている場合でも、確定申告で損失額を申請しておくと、来年以降、利益が出た場合に繰越控除を使って節税効果が期待できるかもしれないそうです。

 

来年の確定申告に向けて、さっそくセミナー代や書籍代などの領収証を見ながら経費をまとめておこうと整理していました!

 

FXは雑所得で申告分離課税で一律20%の税率

 

FXの場合は「雑所得」に分類され、課税方法は分離課税。

 

分離課税のなかでも一定の税率で自動的に所得税が徴収される源泉分離課税ではなく、自分で申告する必要がある「申告分離課税」が適用されています

 

FXで一定以上の利益が出ている場合には、誰でも確定申告が必要ということになるのです

 

ここでいう「FXで出た利益」とは、決済し、確定した為替損益とスワップ金利のことを言います。未決済の含み益は基本的に課税対象にはなりません。

1年間の損益については、FX会社や証券会社が出してくれる「年間損益報告書」(「年間取引報告書」など名称が異なる場合もある)で確認することができるみたいです。

 

実際に確定申告する際は、この「年間損益報告書」で1年間の損益を確認し、そこから経費を差し引いた金額が所得金額となります。

 

経費というと、有料セミナー受講料や書籍代などが該当するようです。

 

主婦や学生、家事手伝いなどいわゆる配偶者や扶養家族の方の場合は、FXなどで年間38万円超の所得がある場合は、確定申告が必要となります。

 

給与収入額が2000万円以下の会社員の場合は、通常、勤務先からの給与支払い時に源泉徴収が行われます。

さらに年末調整が実施されることで課税関係は終了しますので、基本的に自分自身で確定申告をする必要はありません。

 

ですが、FXで年間20万円超の利益が出ている場合は注意が必要。確定申告が必要です。

 

確定申告の必要がない方でも、損失が出てしまっている方に関しては、実は損失を確定申告しておくことで将来得する可能性があるんです!

損失が出ているなら本来であれば確定申告の義務はありませんが、繰越控除という制度があるため、確定申告しておくことで、来年以降、利益が出た場合に節税効果が期待できます!

 

ちょっと面倒かもしれませんが、負けてしまった方ほどきちんと確定申告しておきたいところですね!

 

アイネットFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です