スイッチング


こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

今日も断捨離ででた小物の買い取りでお店をはしごしましたぁ(*´꒳`*)

今日は本やら古い携帯電話や小物などを売りに行きました。

古着はほんとゴミみたいな値段しかつかないけど、小物の方が少しはマシかなっていう程度の金額でした(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

でも大きい超音波美顔器は2件とも買い取り不可でした。

諦めて捨てようか、でも諦めきれずネットで売れないか探してみます(;´д`)

 

そう言えばこないだ投資信託のセミナーをうけて運用レポートの見方を教わったので、会社の企業型確定拠出年金の運用商品の見直しをしました!

 

お勤めされてる方で会社に企業年金制度はありますか?

 

若い方は老後の生活についてなかなか考える機会はありませんが、公的年金に不安がある方は多いと思いますε-(´∀`; )

 

スポンサーリンク

 

企業型確定拠出年金がない方はiDeCoなども検討されてもいいかもしれませんね!

節税効果の高いiDeCoですが人によっては「今すぐiDeCo(個人型確定拠出年金)に加入したほうがいい人」と「iDeCoへの加入はちょっと待ったほうがいい人」の違いがあるそうです。

人によってはデメリットもあるし、60歳まで解約できないし、専業主婦は頼みの節税効果がほとんどないので要注意ですね!

iDeCoには、「掛金を拠出するとき」「運用するとき」「受け取るとき」の3つの場面で、大きな節税メリットがあるそうです。

 

公務員や会社員自営業者などは加入した方がいい人もいますが、企業型確定拠出年金に加入の場合は入れない場合もあるそうです。

 

わたしの勤めてる会社もその例で、規約が古いみたいで今のところ個人型のiDeCoには加入できないそうです。

 

そもそも企業年金ってなんなんでしょう?

企業が社員に対して、年金を支給する制度です。

 

わたしが勤めている会社では、以前の企業年金制度が破綻したのか?

ずいぶん前に企業型確定拠出年金へ移行しました。

 

それによって年金受け取り額を、増やすも減らすも自己責任となりました。

人によっては最初に決めた運用配分のままの方もおられるみたいなので、時々運用状況をみて見直しも必要かもしれないですね!

 

企業型確定拠出年金とは?

企業が決まったルールに基づき、お金を出す(=拠出する)(※)


企業が掛金を負担するので、企業側が会社の損金として処理する。
※従業員が一部掛金を負担するケースもある(マッチング拠出)。


一方、大事な共通点もあります。拠出した掛金の運用は、どちらの場合でも自分が行うことです。

 

確定拠出年金とは?

企業や加入者が毎月一定額の掛金を拠出して、自分で運用します。

イメージとしては、支払われた掛金が自分の口座に積み立てられ、運用して得られた給付金が将来的には自分に戻ってくると考えるといいでしょう。

そのため、運用の結果次第で将来受け取れる年金の額は違ってきます。

 

セミナーで聞いたことを参考に運用配分の変更でスイッチングをおこなってみました。

 

スイッチングとは?

確定拠出年金における運用指図の方法のひとつで、それまでに積立てた運用商品の全部又は一部を売却して、他の商品を購入することを言います。

 

私の勤めている企業年金は運用商品が限られているのであまり選択肢がなかったのですが、投資信託を選ぶ上で、運用レポートを見て選ぶっていうのが色々分からないながらもポイントがあって見ていたら選ぶのも楽しくなってきました♪

 

 

老人夫婦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です