卵は一つのカゴに盛るな!


こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

昨日はお気に入りの女性の鍼灸師の方に治療してもらいました(=´∀`)

 

鍼は怖いイメージもありますが、続けてみるとハマってるわたしです♪

 

肩と腰が慢性的に辛いので緩和ケアで通ってます(=´∀`)

痛みに強いのと、わたしには結構合ってるみたいです!

 

 

 

さてさて「卵は一つのカゴに盛るな!」という資産運用に関することわざのはご存知でしょうか?

全ての卵を1つのカゴに盛っていた場合、そのカゴを落とせば全ての卵が割れてしまいますが、いくつかのカゴに分けて卵を盛っていれば、カゴの1つを落としても全ての卵を割ってしまうことは避けられる、という教え。

 

つまり、資産運用で大切なのは、「投資先や投資時期などを分散させること」なのです。

 

スポンサーリンク

 

昨今、将来は年金も確実にもらえるかわからないと言われるなど、資産設計は個人で考える時代になってきています。

 

しかし、預金金利が上がらない中、預貯金だけでは、現実的に老後に備えるのは難しくなってきています。

 

株で値上がりを期待するのもいいですし、債券で安定運用を目指すのも魅力的です。

しかし、株や債券への投資は、「多くの銘柄の中から選ぶのは大変」、「株式を買った企業が倒産してしまったらどうしよう・・・」などと、不安に思う方も多いかと思います。

 

また、いざ資産運用をはじめようと思っても、何をすればいいかわからなくて迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな悩みを解決してくれるのが「投資信託」です!

 

投資信託って聞いたことありますか?

 

投資信託とは、投資家から集めたお金を大きな資金としてまとめ、運用のプロが株や債券などに投資・運用を行い、その運用成果を投資家に還元する仕組みの金融商品です。

 

投資信託の魅力は?

⑴少額から投資が始められる

投資信託は、100円から投資が可能です。

株式投資などは、購入に企業の株価に合わせてある程度まとまったお金を必要とします。

 

⑵運用のプロ(ファンドマネージャー)が運用

個人では多くの時間と知識が必要となる金融取引ですが、投資信託は、運用のプロであるファンドマネージャーが各ファンドの運用方針に従って投資判断から取引までを投資家に代わって行ってくれます。

 

⑶分散投資でリスクを軽減できる

1つの銘柄だけに投資していた場合、企業倒産や株価が値下がりすると、そこでの影響をそのままに受けてしまい大きな損失を負う可能性があります。 そこで、投資信託によって複数の銘柄に資金を分けて投資をすることで値下がりなどの様々なリスクを、分散、軽減することができます。

 

⑷個人では投資しにくい国や地域、資産に投資できる

 

投資信託のデメリット

⑴コストがかかる
⑵元本保証がない

投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。

投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

 

時間は投資の強い味方

投資信託で投資をはじめる!と決めても、どのタイミングで購入するべきか迷ってしまいますよね。

しかし、数日の投資タイミングの前後による相場の上下は、長期投資の場合、気にならないくらいに小さくなります。

 

2008年のリーマンショック時に世界的に株価が大きく下がった後、日経平均・NYダウともに緩やかに上昇を続けています。

短期間を切り取ってみれば相場の上下によりマイナスが発生してしまうこともありますが、世界的な景気の拡大により、投資で長期的に資産成長を図ることが期待できます!

 

 

株はある程度まとまった資金が必要ですよね。

わたしがはじめたのは少額で積み立て、長期で運用できる商品を今のところ選んでます(=´∀`)

わたしの場合相場もまだまだよく分からないし、ゆうちょの投資信託の経験から10年から20年放置できるようなスタンスで考えています。

 

2019年何かが起こるとも囁かれており、リーマンショックよりすごいのがくるなんて怖いこともよく聞きますが、今後の景気は不透明ではあります。

 

世界情勢何が起こるかわかません。

リスクを考慮してなにを選ぶか?はたまたやらない選択肢もあると思います。

投資は自己責任ですからね(´∀`)

 

にほんブログ村

 

アイネットFX



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です