自分で考えて行動する人になる


 

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

昨日は下の姪っ子の8歳のお誕生日でした(*´꒳`*)

今日はみんなでお誕生日会をする予定です♪

元気に楽しく育ってくれたらいいなと姪っ子にはめっきり甘い叔母は陰ながら願っています(=´∀`)

 

でも姪っ子にも思うんですが、「自分で考えて行動する人」になって欲しいなって思います。

それは将来仕事をするにしても、好きなことにしてもです。

 

よく「自分で考えて行動する」ということが苦手だ、という人がいます。

仕事をするにしても何をしたらいいのかわからない、

誰かから仕事内容を言われないと動くことができない、

というのです。

 

自分で考えて行動することが苦手な人の特徴の一つとして

「人にたくさん聞く癖がある」

スポンサーリンク

というものがあります。

 

これだけ聞くと一見頑張っているように見えるのですが、
自分で考えて行動するのが苦手な人は人に質問をしてたくさん答えてもらっただけで満足してしまう人が多いんです。

 

聞いたことに対して興味を持てない、アドバイスに対して新しいアイデアを出すことができない。

つまりディスカッションができていないんですね。

 

人に質問したり、頼ったりすることは悪いことじゃないと思います。

ただ、質問しているだけでは何も進みません。

 

人に聞いたこと、もらったアドバイスは必ずどうのような形でもいいので実践してみることにしましょう。

 

まず何かアクションを起こすようにする、これが自分で考えて行動する人になるための第一歩だと思います。

 

そして他人に正解を求めない、ということも大切です。

 

人に頼ることはいいことだと思うんですが、他人は正解を持っていません。
他人が持っているのは選択肢です。

 

なぜなら他人から聞く話は実体験ではなく、他人の経験から得られたものだからです。

 

聞いただけでは体験にはなりません。

 

だからこそ、「自分で実際に行動する」、ということが何よりも大切なのです。

 

わたしは10年くらい前に今の部署に異動になって、専門職的な部署だったので、分からないことも多く最初は結構苦労しました。

 

社内で解決できないことは、県外の同じような仕事をしている部署のネットワークを使って勇気を振り絞って聞いてみたり、色々と自分で調べてみたり、聞く人いないから必然的に自分で考えて行動してたら、10年経ったら色々な知識と行動力が身についていました。

 

自分で考えて行動することができない人の特徴として、やらなきゃいけないこととやりたいことが飽和状態になっている、というものが挙げられます。

 

自分でも何から手をつけていいのかわからなくて、結局思いついた順番でやってしまうんですね。

 

効率的に時間を使う、というのはとても大事なことです。

優先順位をつけられたらこっちのものです。

 

やることに対して順番がつけられるようになれば、自ずと今やらなくてはいけないことは何か、と思考する癖がつくようになり、 何をしたらいいのかわからない状態がやってこなくなるんです。

 

 

自分で考えて行動することができるようになると、自分の自信にもつながると思うし、

自分の行動に責任をもって考えられる思考が身に付きますよね(*´꒳`*)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です