FX申告分離課税


こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

わたしは明日でお休みも終わりなので、年末年始もあっという間に終わりそうです(*´꒳`*)

遅れていたFPの勉強も合間をみて再開させました!

 

”不動産”がめっちゃ苦手で、なかなか進まず全く頭に入らなかったです。。。

 

 

とりあえず無理やり終わらせて、次へ進んでますが、、、

5月の試験に間に合うのかなって?というような気分になってきました(・∀・)

難しくて、なかなか頭に入らないけど、とりあえず進めていくしかないのか、、、

 

さてニュースでもよく耳にしている、、、

最近気になるワードは仮想通貨ビットコインです。

 

スポンサーリンク

これから確定申告の季節を迎えますが、売買益は雑所得になるそうです!

 

ビットコインなどの仮想通貨などの急激な値上がりを受け、国税当局は多額の売却益を得た投資家らの調査を始めた。

数千万~数億円の利益を得た投資家らをリストアップ。

2018年の確定申告に向け、取引記録や資産状況をデータベースにまとめ、税逃れを防ぐ考えだ。

仮想通貨をめぐる本格的な情報収集への着手は、初めてとみられる。

 

↑こんな記事も目にするので、国税に仮想通貨などは特に目を付けられそうですね。

 

 

FXも雑所得ですが、通常のFXは”申告分離課税”ですが、仮想通貨ビットコインなどは”総合課税”になるそうです。

 

給与所得などの他の所得と合算して課税されるということです。

 

通常のFXで得た利益に対しては、一律20%の税金が別に課税され、他の所得と合算して課税されることはありません。

 

ビットコインなどの仮想通貨は”総合課税”ということで、給与所得などと合算されて税金がかかります。

 

つまり会社員として働いている場合は、会社でもらえる給与所得とビットコインなどの仮想通貨で得た所得と合算して所得税がかかる形になります。

 

通常のFXも最初は総合課税だったようなので、もしかしたら今後ビットコインなどの仮想通貨も盛り上がるにつれて、税金面で優遇されるようになるかもしれませんね♪

 

わたしは去年の終わりからFXを始めたばかりなので、経費の方がかなり多くかかっています。

でも確定申告しておけば、「3年間の繰越控除」があるそうです。

 

これは3年先の確定申告までの間に、もし利益が発生してもあらかじめ確定申告している損失があれば、その損失と向こう3年の間に発生した利益を相殺することができ、課税対象となる金額を抑える効果があります。

 

したがって、損をした人、経費の方が多かった人ほど来年以降、利益が出た時のために確定申告をした方が良いということ!

 

めんどうくさがらずに確定申告しておくと、きっと後々、節税効果を発揮できますよ!

 

 

気になるビットコインは置いといて、FXの勉強をコツコツしようと思います(*´꒳`*)

 


にほんブログ村







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です