月別: 2018年1月

FP金融資産運用

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

寒くって引きこもりがちな休日ですが、携帯の画面が割れたままブルーな感じです。

結局年末にiPhone8plusを予約してたんだけど、

やっぱり・・・

iPhoneXにしようと、今日ショップに予約変更に行ったので、さらに1~2週間かかりそうです(=´∀`)

 

 

お昼からウトウトしながらFPの勉強再開!

金融資産運用ということで、お金の勉強なので楽しみながら進めています(*´꒳`*)

 

ファイナンシャル・プランナーは税金、保険、年金などの幅広い知識と視野を持ち、ライフプランの設計を行うお金の専門家です。

身につける知識は年金・税金・資産運用・不動産・相続・保険など日常生活でも役立ちます。

学んだ知識は自分のライフプランニングにも活かせるはずと思って、超挫折しそうになりながら勉強中です(笑)

本当にこの歳で勉強するって頭になかなか入らないですね‥

でも、

お金の勉強をしていたらお金のありがたみが少しですがわかってきました(*´꒳`*)

今は、

無駄遣いせずに溜まったお金は投資への元金に使いたいって思います!

 

でも

投資は余裕資金で行うのが大原則

 

 

初めて投資をするときには、張り切って大金を充てようとする人もいます。

 

ビギナーズラックで利益を出せる人もいますが、値動きのある金融商品なので必ずしもいつも成功するとは限りません。

 

また場合によっては投資先の企業が倒産するなどにより、株式の価値がゼロになってしまうリスクもあります。

 

ですから、投資は余裕資金で行うことが大原則です。

 

余裕資金とは、万が一投資した金額がゼロになったとしても、生活に支障が出ない程度の金額です。

 

投資成績がマイナスとなる事態も想定し、家計に大きく影響しない範囲内の金額で行いましょうね(*´꒳`*)

 


にほんブログ村





マイナンバー

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

投資をはじめて間もないので経費の方が多くかかってしまい、手元のお金が増えるどころか減っていき、銀行残高を見て少し不安になってる今日この頃です(・∀・)

 

 

含み益があるものもありますが、利確していないので手元の現金はというと、かなりマイナスです・・・。

 

 

昨日振り込みをしようと思って、ネットバンキングを見ていたら「マイナンバーの届け出にご協力ください」とありました。

 

マイナンバーがはじまってもうすぐ2年。

マイナンバーは2018年から銀行口座にも適用(紐付け)されることが決まりました。

 

最初から義務化されるわけではなく、当面は任意であり、義務化は2021年と段階的に実施される予定です。

 

マイナンバーと銀行口座の紐付けが始まると、銀行で預金口座を開設する際にマイナンバーの記入・登録を求められることになるでしょう。

 

また、既存口座についてもマイナンバーの提示を求められることが予想されます。

 

ただし、2018年から3年間は任意なので、金融機関から提示を求められても断ることができます。

 

マイナンバーと銀行口座を紐付けする目的は、公平・公正な社会の実現という観点から、国民の所得や預金総額、個人資産をより正確に把握することです。

 

 

所得や資産を正確に把握することは、公平性のある社会保障制度の設計に不可欠です。

 

そのため、銀行口座にマイナンバーを紐付けて税務調査で活用することにより、所得隠しや脱税、生活保護の不正請求などを防ぐことが期待されています

 

マイナンバーと銀行口座が紐付けされることは、所得や個人資産が丸裸になるようなものです。

 

これまでは、小額の申告漏れは発覚しないケースがありましたが、紐付けにより全ての銀行口座のお金の出入りがつまびらかになるでしょう。

 

経営者の皆さんは、マイナンバーの銀行口座への適用について今のうちから概要を知り、事業収入などの所得申告を正確に行うことの必要性を改めて確認しておきましょう(*´꒳`*)

 


にほんブログ村






おとしだま

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

現実逃避も終わり明日からお仕事ですわぁ(・∀・)

 

お正月感はなかったものの、おせちや年賀状、お年玉といった日本ならではの風習を少しでも孫に伝えようとおばあちゃんは少しだけおせちを作っていましたよ。

 

おせちも年賀状も、「年始くらいは台所仕事を休もっか」「わざわざ挨拶に行くのは大変なので葉書で済ませようか」って「ラクする」ために生み出されたものなのに、いつの間にか休ませるどころかタスクになって時間を圧迫する現象、日本っぽいですよね!

 

姪っ子はかずのこが好きみたいで、パクパク食べてましたw

 

お子さんや親戚の子供さんにお年玉あげたり、もらったりしましたか?

 

わたしはもちろん姪っ子にお年玉あげましたよ(*´꒳`*)

 

まず、小学生の1年生、 2年生、3年生、4年生の
お年玉の相場をチェックしていきましょう!

 

 

答えをズバッと言うと、この年代では
3000円が最も多く渡す金額のようです。

 

1年生なら500円という金額も
上位にランキングされましたが

 

3000円にしていると人が
全回答の約6割を占めています。

 

わたしも3000円にしました♪

日本はマネー教育がまだまだと言われています。

おとしだまを機会にお金と向き合う機会がもてたら良いかもですね(*´꒳`*)

 

今年から上は5年生、下は3年生と上の子は高学年になっていくのですが、わたしの投資の状況に応じておとしだまを増やすか現状維持か決めたいと思います(笑)

 

 


にほんブログ村




 



/>

FX申告分離課税

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

わたしは明日でお休みも終わりなので、年末年始もあっという間に終わりそうです(*´꒳`*)

遅れていたFPの勉強も合間をみて再開させました!

 

”不動産”がめっちゃ苦手で、なかなか進まず全く頭に入らなかったです。。。

 

 

とりあえず無理やり終わらせて、次へ進んでますが、、、

5月の試験に間に合うのかなって?というような気分になってきました(・∀・)

難しくて、なかなか頭に入らないけど、とりあえず進めていくしかないのか、、、

 

さてニュースでもよく耳にしている、、、

最近気になるワードは仮想通貨ビットコインです。

 

これから確定申告の季節を迎えますが、売買益は雑所得になるそうです!

 

ビットコインなどの仮想通貨などの急激な値上がりを受け、国税当局は多額の売却益を得た投資家らの調査を始めた。

数千万~数億円の利益を得た投資家らをリストアップ。

2018年の確定申告に向け、取引記録や資産状況をデータベースにまとめ、税逃れを防ぐ考えだ。

仮想通貨をめぐる本格的な情報収集への着手は、初めてとみられる。

 

↑こんな記事も目にするので、国税に仮想通貨などは特に目を付けられそうですね。

 

 

FXも雑所得ですが、通常のFXは”申告分離課税”ですが、仮想通貨ビットコインなどは”総合課税”になるそうです。

 

給与所得などの他の所得と合算して課税されるということです。

 

通常のFXで得た利益に対しては、一律20%の税金が別に課税され、他の所得と合算して課税されることはありません。

 

ビットコインなどの仮想通貨は”総合課税”ということで、給与所得などと合算されて税金がかかります。

 

つまり会社員として働いている場合は、会社でもらえる給与所得とビットコインなどの仮想通貨で得た所得と合算して所得税がかかる形になります。

 

通常のFXも最初は総合課税だったようなので、もしかしたら今後ビットコインなどの仮想通貨も盛り上がるにつれて、税金面で優遇されるようになるかもしれませんね♪

 

わたしは去年の終わりからFXを始めたばかりなので、経費の方がかなり多くかかっています。

でも確定申告しておけば、「3年間の繰越控除」があるそうです。

 

これは3年先の確定申告までの間に、もし利益が発生してもあらかじめ確定申告している損失があれば、その損失と向こう3年の間に発生した利益を相殺することができ、課税対象となる金額を抑える効果があります。

 

したがって、損をした人、経費の方が多かった人ほど来年以降、利益が出た時のために確定申告をした方が良いということ!

 

めんどうくさがらずに確定申告しておくと、きっと後々、節税効果を発揮できますよ!

 

 

気になるビットコインは置いといて、FXの勉強をコツコツしようと思います(*´꒳`*)

 


にほんブログ村







年末ジャンボ宝くじ

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

新年明けましておめでとうございます♪

よいお正月をお迎えでしょうか?

 

さて昨日年末ジャンボ宝くじの当選番号が発表されましたね(=´∀`)

みなさんは当選されましたか?

 

わたしは6等3,000円が当たりましたよ。

あと7等300円が3枚。

 

なかなか7等以外当ったことがなかったので、私の中では珍しく当ったといった気分に少しなりました(笑)

 

さて宝くじが当選しても税金はかかりませんのはご存知ですか?

非課税なのです!

 

所得税・住民税もかかりません!
100万だろうが1億だろうが
当選金額が高額・少額に関わらず非課税です。

 

なので、宝くじで7億当選したら
7億まるまる貰えるのです!

 

夢のような話ですね~(*´꒳`*)

 

 

「年末ジャンボ宝くじが当選したら
親に3億円プレゼントするわーー!」

↑ これ!かなり危険です!!!

 

3億円の宝くじが当たった本人は
お金を渡すだけだと思うかもしれませんが、、、

 

第三者に1年間の間で
110万円以上のお金を渡す(1人に対し)と、
渡された人に対して贈与税が掛かってくるんです!!! (最高税額55%)

宝くじが高額当選したら
みずほ銀行の応接室まで受け取りに行くそうなのですが…
(私は高額当選したことないので何とも言えないのですが…w)

 

ここでも当選したら
必ず受け取らないといけないものがあります!

それが、「当選証明書」です!

 

高額な宝くじが当たればあなたの貯金通帳に突然多くの現金が入ってくるわけですから日本国もあなたの預金通帳、家族に贈与していないか?など、お金の動きに目を光らせ、しっかりチェックしているはずです!

 

そこで、本来
宝くじは非課税なのにも関わらず税務署が

「なぜこんなにも預金通帳に残高があるんだ!」
「どこからのお金なんだ!」
「税金支払え!」

などと言ってくるケースもあるらしいので
その証明をするために「当選証明書」を発行して受け取る必要があります!

 

この証明書が無いと

「宝くじの当選金だ!」という証明ができなくなり

本当は支払わなくても良い税金まで支払うことになってしますので注意してくださいね!

 

ちなみにですが

宝くじやロトやBIGで当てたお金に関しては「非課税」ですが

「競輪」「競艇」などは確定申告が必要で

税金がかかってくるケースがあるので気をつけてくださいね!

 

先ほど、3億円当選したら
親や子どもに分けたい…
でも、贈与税がかかる、、、

 

という話をしましたが
実はコレには回避出来る裏技があるんです!

それは、、、

 

『当選金を一人ではなく複数人で受け取るようにすれば良いのです!』

 

当選金を家族や親戚、他人に分配した場合は、

宝くじを『共同購入』しておく事によって、

「当選金を受け取る全員で分配して受け取ることが出来る」のです!

 

なので、必ず当選金を分配する場合、もしくは、したい時は

『共同購入した宝くじ!』と言って
受け取る時に1人1人の名義で受け取るようにしましょう!

 

受け取った後に
また誰かにそのお金を渡す…という行為をしてしまうと
「贈与税」がかかってしまうので気をつけてくださいね!

ただ、税制法は常に改正されるので、
当選金受け取りの前にしっかりとご自身で調べてから手続きしてくださいね(*´꒳`*)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村