カモにならない投資信託


こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

友達もブログで書いてたけど、わたしもちゃんと寝てるのに眠いんです…。

カラダも怠く、眠くて何もする気力が起こらない。

頭痛が酷い時があったり、口唇ヘルペスもでき、免疫力かなり低下してます。

お察しの通りFPの勉強も進んでません(-_-)zzz

 

冬は、寒さの刺激で交感神経が刺激されるため、心身が知らず知らずのうちに活動的になっていて、休みにくい状況が続きます。

暖かくなるにつれてそれが一転、副交感神経が優位になって心身がリラックスした状態となり、睡眠が促される傾向にあるようです(*´∇`*)

 

まぁ、眠たい時には寝るしかないなっ(笑)

 

さて、

積立投資は負けないと言う思い込みってないですか?

スポンサーリンク

 

 

投資信託を含めて値動きのある金融商品は、定期的に一定の金額で継続購入することで、結果的に平均単価を安くすることができると言われています。

 

「ドルコスト平均法」と呼ばれる投資手法で、一度に投資すると高値づかみになるリスクがあるのでビギナー向きと説明されることも少なくありませんよね(*´∇`*)

気休めにはなるけど、万能ではないのです。

淡々と相場に惑わされずに投資できる方法の一つとして考えておきましょう!

 

 

最近銀行や郵便局でも投資信託を勧められることがありますが、注意が必要です。

わたしも10年くらい前、経理事務をしていた頃よく行っていた、ゆうちょ銀行で投資信託を勧められて買ってしまい、長い間元本割れした、分配型投資信託を買ってしまいました。

 

買った理由は

「勧められたから」

 

完全にカモになってました!

 

そこに自分で選んだ投資信託という意識もありませんでした。

最近になってプラスになったので手放せましたが、「どこで買うか」で運用成果に差が発生することを学びました。

また「自分で選んで買う」ことも大事だと学んだので、今はネット証券で自分で選んで買ってます。

 

 

加えて銀行は預金口座のお金の動きを通じて顧客の懐事情をよく知っているので、お金の動きがあると電話がかかってきたりすることあるので気をつけましょう!

 

また、
投資信託には保有するとき、している間など手数料が発生します。

その中で「信託報酬」というのは預けている間かかるコストなのでチェックが必要です。

 

銀行で販売されている商品は信託報酬1%を超えるものが大半です。
窓口を通じて購入すると2〜3%の販売手数料がかかることもあります。

この販売手数料はネット証券では無料が当たり前となりつつあるので、どこで買うかは重要ですよね。

マイナス金利の影響下で、銀行は手数料ビジネスで収益を稼いでいるので、カモにならないよう覚えておきましょう!

 

広島ブログ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

SBI FXトレード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です