カテゴリー: つみたてNISA

積立NISA

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

わたしのおじいちゃんは株をしてたみたいです。

今生きてたら色々投資の話ができたのにって思います(=´∀`)

株にも興味がありますが、まだまだ知識が伴ってないので、わたしの投資は今のところつみたて中心です♪

 

現在進行形でやってる投資は

・FX

・投資信託(つみたてNISA活用)

・純金積立

・ロボアドバイザー

・株(店頭窓口でおじいちゃんが持って某問題株を譲り受けた) 放置中

自分がお金出して買った株ぢゃないけど、

投資って自己責任でありリスクも伴うものです。

 

わたしも2018年1月からつみたてNISAをはじめました(*´꒳`*)

最大のメリットは投資によって得られた売却益や分配の運用益が非課税になる点です。

日本では投資から得られた利益に対して通常20.315%の税金がかかりますが、これがゼロになります(*´꒳`*)

 

従来のNISAどう違うの?と思いますよね!

詳しくはわたしも利用してるSBI証券のサイトご覧ください♪

 

つみたてNISAは積立投資専用のNISAです。

非課税で投資できる期間と上限額が違います。

投資対象となる金融商品が金融庁が「長期・積立・分散」投資に適してると判断した投資信託・ETFに限定されています。

一般のNISAは年間の投資上限額が多く投資対象商品も幅広いです。

 

金融庁が厳選してるとはいえ、元本が確保されることや利益を保証しているわけぢゃないんです。

・損益通算できない

・繰越控除できない

・非課税期間が期限付き

・余った非課税枠の持ち越しはできない

・非課税枠は復活しない

・NISAとつみたてNISAの併用はできない

などデメリットもあります。

 

つみたてNISAはメリットが多い制度ですが、デメリットや注意点をふまえて賢く活用していきましょう!

前に受講したまりえさんの投資信託セミナーでは自分で投資信託の商品を選ぶスキルを学べます(*´∇`*)

 

わたしも過去に…

増えないしくみの投資信託を保有してたので、商品選びは大切!

 

昨日FX講座でご一緒された方も広島での投資信託セミナー開講を熱望してましたぁ♪

 

広島にまりえさんを招致したまみちゃんのBlogにもNISAの活用記事がアップされてたので、ご参考に(=´∀`)

 

広島ブログ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

SBI FXトレード

 

カモにならない投資信託

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

友達もブログで書いてたけど、わたしもちゃんと寝てるのに眠いんです…。

カラダも怠く、眠くて何もする気力が起こらない。

頭痛が酷い時があったり、口唇ヘルペスもでき、免疫力かなり低下してます。

お察しの通りFPの勉強も進んでません(-_-)zzz

 

冬は、寒さの刺激で交感神経が刺激されるため、心身が知らず知らずのうちに活動的になっていて、休みにくい状況が続きます。

暖かくなるにつれてそれが一転、副交感神経が優位になって心身がリラックスした状態となり、睡眠が促される傾向にあるようです(*´∇`*)

 

まぁ、眠たい時には寝るしかないなっ(笑)

 

さて、

積立投資は負けないと言う思い込みってないですか?

 

 

投資信託を含めて値動きのある金融商品は、定期的に一定の金額で継続購入することで、結果的に平均単価を安くすることができると言われています。

 

「ドルコスト平均法」と呼ばれる投資手法で、一度に投資すると高値づかみになるリスクがあるのでビギナー向きと説明されることも少なくありませんよね(*´∇`*)

気休めにはなるけど、万能ではないのです。

淡々と相場に惑わされずに投資できる方法の一つとして考えておきましょう!

 

 

最近銀行や郵便局でも投資信託を勧められることがありますが、注意が必要です。

わたしも10年くらい前、経理事務をしていた頃よく行っていた、ゆうちょ銀行で投資信託を勧められて買ってしまい、長い間元本割れした、分配型投資信託を買ってしまいました。

 

買った理由は

「勧められたから」

 

完全にカモになってました!

 

そこに自分で選んだ投資信託という意識もありませんでした。

最近になってプラスになったので手放せましたが、「どこで買うか」で運用成果に差が発生することを学びました。

また「自分で選んで買う」ことも大事だと学んだので、今はネット証券で自分で選んで買ってます。

 

 

加えて銀行は預金口座のお金の動きを通じて顧客の懐事情をよく知っているので、お金の動きがあると電話がかかってきたりすることあるので気をつけましょう!

 

また、
投資信託には保有するとき、している間など手数料が発生します。

その中で「信託報酬」というのは預けている間かかるコストなのでチェックが必要です。

 

銀行で販売されている商品は信託報酬1%を超えるものが大半です。
窓口を通じて購入すると2〜3%の販売手数料がかかることもあります。

この販売手数料はネット証券では無料が当たり前となりつつあるので、どこで買うかは重要ですよね。

マイナス金利の影響下で、銀行は手数料ビジネスで収益を稼いでいるので、カモにならないよう覚えておきましょう!

 

広島ブログ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

SBI FXトレード

39の日

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

ちょっぴり気持ち的に病んでますが、

今日3月9日は39(サンキュー)ありがとうの日みたいです。

「ありがとう」って好きな言葉です(*´꒳`*)

 

皆さんはどんな時にありがとう!って言うのだろう?

 

素直にありがとうって言葉にだしたいですね♪

 

ありがとうは実は「ありがたし(有り難し)」という言葉から生まれたそうです。

ありがたしとは「めったにない」や「奇跡」という意味で、仏教のお話から由来しているんだって。

つまり奇跡だと思えるぐらい感謝しているから「ありがとう」!

ステキな由来ですね(о´∀`о)

 

「ありがとう」を世界中のいろんな言葉で届けてみても楽しい!

英語:サンキュー
中国語:シエシェ
ドイツ語:ダンケ
フランス語:メルシー
韓国語:カムサハムニダ
イタリア語:グラツィエ

 

日本の「ありがとう」とは全然違いますね♪

「カムサハムニダ」そーいえばすんごい昔韓国語習ってた時期がありました。

韓国の方と仲良くなって、それも韓流ブームの前に始めて韓国行って、ブームが始まったらやめちゃいましたが(笑)

韓国も二度と行って「カッカジュセヨ」はよく使いました。

買い物で値引き交渉、「まけてください」って事で使ってましたね。

 

 

投資の世界では、投資信託に「ありがとう」ってネーミーグがつくのもあるみたいですね。

ネーミーグだけで投資してしまいそうです(笑)

 

積み立てはじめたばかりなので、投資信託は暴落してますが、

 

長期で運用して利益だしてくれたなら「ありがとう」かな(*´꒳`*)

 

投資信託の個人的なスタンスは長期・分散・積み立てと思ってるのであんまり一喜一憂してません。

時間を味方にするんだぁ!

多少強がりですが(笑)

 

FXは自分で運用してるから、「ありがとう」ぢゃなくて「頑張るぞ」かな♪

個人的にはトランプちゃんの発言に振り回されて、含み損と証拠金維持率が気になりますが…

株が弱くても利益を得られるFXも分散投資の一環ですね!

アセットアロケーションセミナー聞いて、投資信託は株式の割合が多いので、少額ですが純金積立も設定しました♪

 

さぁ〜てあっという間の週末です。

今週こそはFPの勉強するぞ!(気合いだけ入れてみた)

 

 

広島ブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

SBI FXトレード

ロボアド運用状況

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

昨日から雪がチラチラしてて、さっむいですね〜♪

寒い日はどこも行きたくなく、家が一番だと感じる今日この頃です(=´∀`)

 

ふところも寒い今日この頃ですが、ひさびさにロボアドの運用状況チェックしてみたら、含み益にふところが暖かくなったような気持ちなりましたよ(笑)

 

 

手元に現金あるわけじゃないけど、始めてから半年で10万円増えてたら嬉しいですね♪

今までも上がったり、下がったりあったし、こらからもあるんだろうなっ、

 

当初100万からしか始められなくて、わたしが始めた頃は50万くらいからだったかな??

 

クズ投資信託を解約して70万スタートではじめました!

 

今は10万くらいからでも始められるようです。

でも敷居がちょっと高いですよね〜(-_-;)

 

また積立は1万円からしかできなくて、確か2万くらいにならないと買付されないから、毎月1万円だと2ヶ月に一回の買付になってしまうからもったいない。

 

手数料が1%かかるのも、もう少し安くならないかなって思わなくはないです(・∀・)

 

最近”長期割”という手数料割引サービスも始まったので、まだまだ変わっていくのではないかと期待しています!(ただし金融商品仲介業者を経由して申し込みした場合対象ではないみたい)

 

でもそれ以外は一切手数料はいらないのはいいところですね♪

 

 

 

でも投資信託は証券会社にもよりますが、100円から積み立てられるんです!

それに比べるとロボアドはちょっと敷居が高いんですよね(・∀・)

 

投資信託は12月から始めたばかりなのですが、少額から始められるのがいいですね♪

 

ロボアドは基本何もしないので、自分で商品選んでるわけではないので・・・

 

ロボアド元年に新しい物好きでとびつきましたが…

習った投資信託のマインドとは違う。

でもわたしがマネーに興味を持ち始めた去年の夏ごろに出会ったロボアドちゃんなので、もう少し様子見で運用続けていこうかなと思います。

 

でも投資信託の手数料と比べると割高なので、ロボアド解約して、他のものに投資しようかなぁとも最近は考えてます(*´꒳`*)

 

そしてロボアドは自分で考えて投資していないので、物足りないのです(笑)

気持ちはコロコロ変わります(笑)

だからとりあえずもう2、3ヶ月は様子見です。

 

久々に見てたら

ロボアドは半年に一度リバランスしてくれるみたいです。

 

 

半年たったので、初のリバランスされたみたいです( ´∀`)

ロボアドがやってくれるリバランスとは?

「リバランスは、原則として、半年に一度行われます。また、お客様のポートフォリオと最適ポートフォリオの配分比率を資産クラスごとに比較し、5%以上乖離している資産クラスがあった場合は、前倒しで行われます。ただし、お客様の資産評価額が50万円未満の場合は、前倒しでのリバランスは行っておりません。

半年に一度のリバランスも、お客様のポートフォリオと最適ポートフォリオとの乖離が小さく、リバランスの必要がないと判断した場合は、リバランスによる売買は行われません。自動積立を行われているお客様は、リバランス付き自動積立の効果で、ポートフォリオが最適な状態を保ちやすくなっています」

 

ロボアドも資産運用の王道「長期・積立・分散」がおすすめって♪

 

景気やマーケットの動向に関係なく、世界全体の経済活動に対してコツコツ積立で投資することが資産運用の大原則だって推奨しています( ´∀`)

 

リスクをコントロールしながらする投資スタイルは投資信託や積立FXに似てますね♪

 

投資はもちろん自己責任です!

わたしはブログで投資をおすすめしてるわけではないので、もちろん投資は自己責任でお願いします。

 


にほんブログ村







ダウ平均とS&P500とは?

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

「18日の米・ニューヨーク株式市場は、トランプ政権の税制改革法案が上下両院で可決・成立する見通しとなったことで、大きく買われた。

ダウ平均株価・終値は先週末比140ドル46セント高の2万4792ドル20セントで、過去最高値を更新!」

 

今までは

トランプさんてなんか過激な人くらいの見方しかしてなかったんですが、経済が株価指数を左右する。

毎日米国の株価指数はニュースや新聞に出てますよね(*´꒳`*)

 

「ダウ平均(ダウ工業株30種)」と「S&P500」とは?

 

 

「ダウ平均(ダウ工業株30種)」は「ニューヨーク・ダウ」、「ニューヨーク平均株価」とも言われ、米国の株価指数として有名です。

 

一方、米国株投資に関心のある方なら「S&P500」という株価指数もご存知の方が多いかと思います。

◆ ダウ平均(ダウ工業株30種)◆

ボーイング(航空機)、アップル(IT)、ゴールドマンサックス(金融)等、米国経済を代表する30銘柄で構成されています。

日経平均株価と同じように平均株価を指数化したものです。

 

<特徴>

株価の高い銘柄(値がさ株)の動きに注目!

ダウ平均(ダウ工業株30種)は“株価の平均値”であるため、株価の高い銘柄(値がさ株)の動きに大きく影響されます。

また、銘柄数が絞られていることから、個別銘柄の影響を受けやすいという特徴もあります。

 

<構成銘柄>

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が選定する米国経済を代表する30銘柄

 

<算出方法>

構成銘柄の平均株価を指数化

 

◆S&P500◆

主要上場市場が米国の取引所(ニューヨーク証券取引所、NSDAQ等)の米国企業で、
流動性がある大型株から選ばれた500銘柄で構成されています。
東証株価指数(TOPIX)と同じように時価総額を指数化したものになりますが、
東証株価指数(TOPIX)は東証1部全銘柄を対象にしている点が異なります。

 

<特徴>

時価総額の大きな銘柄(大型株)の動きに注目!

S&P500は“時価総額”であるため、時価総額の大きな銘柄(大型株)の動きに大きく影響されます。

<構成銘柄>

主要上場市場が米国の取引所(ニューヨーク証券取引所、NSDAQ等)の米国企業で、

流動性がある大型株から、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が選定する500銘柄

<算出方法>

構成銘柄の時価総額を指数化

投資に活用する場合、こんな方にオススメ

 

「ダウ平均(ダウ工業株30種)」と「S&P500」に連動するETF(上場投資信託)や投資信託は複数存在し、それらを使ったインデックス投資が可能です。

 

「ダウ平均(ダウ工業株30種)」は米国経済を代表する30銘柄の平均株価を指数化したもの

「S&P500」は米国企業の中で流動性がある大型株500銘柄の時価総額を指数化したもの

というそれぞれの特徴をしっかり理解して、使い分けれるようになりたいですね(*´꒳`*)

 

また「S&P500」は「ダウ平均(ダウ工業株30種)」と比べて構成銘柄数が多く

分散投資効果が得られやすいため、リスク分散という観点でおすすめだったりするそうです。

 

ちょっとずつワードが理解できると、わけもわからずNEWS聞いているのが少しは楽しくなるかなって思いながら勉強中です(*´꒳`*)

 

本当にド素人OLが投資の勉強をしようと思うと、今まで全く興味なく生きてきたんだなって実感します(笑)

 

時として行動力はありますが、時々暴走します(・∀・)

リスクを理解しながら、焦らずにマイペースに投資の勉強していこうと思います♪

 


にほんブログ村







投資信託の手数料

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

また今週もはじまりましたねっ♪

 

わたしは日月が休みのことが多いのですが、どの業界も人手不足に悩んでますよね!

 

先日NEWSでサービス業の飲食店が人手不足と働き方改革で年末年始休業すると報道されてました(*´꒳`*)

 

昔はお正月なんてどこもあいてないから、買いだめして備えてましたよね(笑)

 

「歴史は繰り返される」といいますし、

何年後かは年末年始はお店はどこもあいてない!

ってことになるかもしれないですね!

 

さて今日は投資信託の手数料のお話をしてみたいと思います♪

 

NISA(少額投資非課税制度)やiDeco(個人型確定拠出年金)の登場により、投資信託は人気の商品です。

 

2018年1月からつみたてNISAがはじまることもあり、

再び脚光を浴びていますよね(*´꒳`*)

 

少額から始められてプロが運用をしてくれる投資信託は、初心者にも人気です。

しかし、メリットが強調される割にはコストの話題が少ないように感じます。

 

 

そんな便利な投資信託の最大のデメリットは「手数料」です。

 

投資信託は手数料の分だけ元本割れからスタートすることは

絶対におさえておきたいところです。

 

手数料分の値上がりがなければ投資はマイナスになってしまいます。

しかも、運用成果があがらなくても手数料は支払わなくてはなりません。

 

投資信託にかかる主な手数料

 

①販売手数料

購入時に販売会社に支払う手数料です。

購入価格の1~3%が相場ですが、商品や証券会社によっては無料のケースも増えてきました。

 

なお、販売手数料が無料の投資信託を「ノーロード投信」と呼びます。

 

②信託報酬

実際に投資信託の運用をおこなうのは販売窓口である銀行や証券会社ではなく運用会社で、その運用会社に支払うのが信託報酬です。

売買時にではなく、投資信託を保有している限りずっと発生するので、長期になるほど高額になります。

また、信託報酬は運用資産から毎日自動的に差し引かれるので、投資家は手数料を払っているという意識が薄くなりがちです。

 

③信託財産留保額

投資信託を解約する際にかかる手数料です。

しかし最近では一定期間以上保有していると無料になるファンドも多く、もともと無料のものも増えてきています。

 

 

手数料は、その投資に参加するための参加料です。

 

お祭りの夜店で、500円払って当たればラジコン外れれば何もなしの射的をするのか、

100円払って確実に何かはもらえるくじ引きをするのか、選ぶのは自由です。

 

 

あっ、何も買わないのも選択肢としてアリですよ(・∀・)

マインドとしてリスクがあると理解した上で投資をすることが重要ですよね(*´꒳`*)

 


にほんブログ村







ドルコスト平均法

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

ここ最近寒いですね~♪

昨日はお誕生日プレゼントを買いに、あれやこれやお店を歩きまわってクタクタです。

女子なのか色々こだわりあり、これいいんじゃないん?っていってもお気に召さなかったり、試着も時間かかり疲れました(笑)

 

でも喜んでくれたみたいで、中国の爆買いかって感じで、メインの下の姪っ子とおまけで上の姪っ子にも服やら靴をプレゼントしましたよ(*´∇`*)

 

今日はお休みなのでゆっくりします♪

 

さて無事口座開設も終わり、つみたてNISAの注文予約ができるようになり、投資信託の運用レポートを色々見比べてながら迷ってしまいます。

 

投資信託の商品はたくさんあって、SBI証券で投資信託で銘柄検索すると2542件もあります。

 

運用レポート見ていたらあっという間に時間が経過しています(*´꒳`*)

 

ロボアドは何もしなかったので、投資信託の方が楽しいですね♪

 

株式投資はある程度資金が必要だし、一つの会社に投資するのでリスクも高い。

投資信託は初心者にもお勧めの商品です。

 

投資信託とは?

運用のプロたちが、わたしたちに変わって、株や債券、不動産、金などを売買しその運用ででた利益を投資家に配ってくれる金融商品です。

 

運用会社によって違うと思いますが、わたしが利用している証券会社は積立買付なら100円から設定できるので少額で分散投資ができる。

 

好きないろんなものをちょっとずつって女子は好きですよね(*´꒳`*)

そういう意味では株式投資よりもハードルが低い投資信託っていう商品は取り入れやすいかもですね♪

 

ドルコスト平均法ってご存知ですか?

値動きのある金融商品を購入する場合に、毎月(定期的に)一定の金額ずつ購入することにより、毎月(定期的に)一定の数量ずつ購入する場合よりも有利な取得価額に分散をすることができるという投資法です。

 

メリットとしては

● 相場にメンタルが左右されずに定期的に積立で購入(特に価格が下がっているときは口数がたくさん買える)
● 一括で高いところで買ってしまうリスクが軽減される
● 積立投資は少額から取引がスタートできる

 

ロボアド・投資信託・つみたてNISA・FXとコツコツ投資系をはじめました。

 

コツコツ投資はすぐに結果はでないけど、お金が良い子に育つといいな(*´꒳`*)

 


にほんブログ村







草食系?肉食系?

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

12/17日からいよいよ「つみたてNISA」の積立設定ができるようになる予定ってSBI証券のホームページに書いてあったんだけど(*´꒳`*)

 

「つみたてNISA(積立NISA)」とは、

2018年からはじまる新たな少額投資非課税制度です。

 

これまでのNISAと同様に毎年の非課税投資枠から得た利益・分配金にかかる税金はゼロとなりますが、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点で異なります。

 

通常のNISA以上に少額から毎月コツコツ、長期での資産形成を目指す方に向いた制度と言えます。

わたしも先日つみたてNISA口座開設の書類を送りました。

「手続中」で止まっています。。。

 

 

「税務署申請中」ともなっています(=´∀`)

税務署に届け出するんですね。

いつ手続き完了するのだろう。。。

 

わたしはSBI証券でつみたてNISAの口座を開設しましたよ♪

取引できるのはNISA口座は1人1口座です。

NISAとつみたてNISAの併用口座はもてません。

 

 

つみたてNISAでどんな商品があるのかなって運用レポートなど眺めていたら、意味がよくわからないワードがちょいちょい出てきます(*´꒳`*)

 

あなたは草食系?それとも肉食系?

食べものなら肉食系ですが、つみたてNISAとなればうーん悩みますね(=´∀`)

 

コツコツ草食系

つみたてNISAでリスクを減らしながら安定的にコツコツ運用したい方向け

◆低コストインデックスファンドシリーズ

◆バランス型ファンド

 

しっかり肉食系

つみたてNISAでもしっかりとリターンを狙っていきたい方向け

◆アクティブファンド

 

 

【インデックス型】

運用成果が市場インデックスに連動することを目標とする運用です。


投資信託の運用で目標とする指標のことをベンチマークといいます

 

日本の株式投資信託ではTOPIX(東証株価指数)や日経平均株価がベンチマークに使われるこ

とが多く、この動きに連動させていくことを目標としているのがインデックス型の投資信託です。

 

ですからTOPIXが10%上昇すれば、インデックス型の投信も10%値上がりするようにできてますし、 逆にTOPIXが10%下落すれば、インデックス型の投信も10%下落するようになってます。

 

インデックス型のメリットは、

①毎日の基準価額確認がわかりやすいこと

②手数料が安いこと(信託報酬)

③長期的にはアクティブ型よりも運用成績は良くなること

この三つです。

 

【アクティブ型】


アクティブ型というのは、インデックス型の反対です。

 

運用成果がベンチマークを上回ることを目標とする運用です

つまり積極的にベンチマークを上回っていく運用を目指しています

市場平均を上回ることを目標としているファンドです(*´꒳`*)

 

アクティブ型のメリットは相場の平均より良い運用成績を得られる可能性があることです。

積極的にリターンを得るような運用を目指しますから、運用者(ファンドマネージャー)の腕がここでは重要になってきます。

手数料はインデックス型に比べると高くなるのが普通です。

 

【インデックス型とアクティブ型のどっちがいいのか?】


一見アクティブ型のほうがいいかなと思いますよね。

でもアクティブ型のほうは手数料がインデックス型よりもかかりますので、一概にはアクティブ型のほうがいいとはいえないかもしれません。

相場次第によってはインデックス型のほうが結果がよいときもありますし、期間1年ではアクティブ型のほうが成績優秀でも三年五年と連続してインデックス型に勝つことはまれであることが統計ででてるそうです。

 

何気ないワードも色々調べてみると楽しいですね!

 

わたしは草食系なのか肉食系なのか迷います。。。

 

にほんブログ村

 

アイネットFX