カテゴリー: FP

FX税金セミナー

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

昨日に引き続きセミナーデイです♪

 

今日はFX税金セミナーを受講するため、大阪へ日帰りで行くことにしました(=´∀`)

 

なぜ、受講しようと思ったのか?

 

FX始めるまでは税金のこと、正直全然考えてなかったんです!

投資信託とかロボアドをやってますが、特定口座だったので税金の手続きが完了してるので、自分で納税しなくてもいい。

 

でもFXは特定口座がないので、自分で納税しなくてはいけないんです!

そんなことも知らずに始めてしまったのですが(笑)

 

 

サラリーマンだったら20万円までは税金かからないみたいなんですが、

 

住民税は申告しなければいけないとか

FXは経費が計上できるとか

損益通算出来るとか

・・・???

 

色々教えてもらって、まだ初めて2ヶ月で利益は全然出てないんですが、色々話を聞くなかで、利益がでてないからこそ確定申告したほうが節税効果があるじゃんってなったんです!

 

ネットで調べてある程度はなんとなく分かったつもりではあったんですが、なんとなく不安だったのもあり、

 

 

そうだ、大阪行こう!

・・・となりました(笑)

 

こちらのFX税金セミナー代と新幹線代なども今年の経費に計上できるので、領収書をしっかりいただいて来年に備えます♪

 

 

一人で会場までたどり着けるのか…

田舎者なので不安でいっぱいですw(´∀`*)

 

新幹線に乗って、新大阪駅で乗り換えて、大阪駅まで行くのは全然大丈夫でしたが、梅田から会場へ行くのにナビを見ながらウロウロしました・・・。

 

早めに着いてしまったんだけど、梅田から会場まで少し迷ったおかげで結構いい感じの時間になってしまいましたε-(´∀`; )

 

 

講座は満員御礼で沢山の方が受講されていましたよ♪

 

FXは分離課税の雑所得で税率は一律20パーセントなんです。

 

総合課税だと累進課税になって稼げは稼ぐほど税金が多くなってしまうそうです。

仮想通貨は総合課税みたいなんですが、FXは分離課税なので、投資する際は目先の利益だけでなく、税金のことも考えながら選ばないといけないですね(=´∀`)

 

FXだけでなく、ふるさと納税・医療費控除・生命保険控除など幅広くお話していただきました♪

 

なんとなくネットで知識を得てたんですが、具体的な税金の申請方法や手順、節税方法や経費のことなど改めて勉強させていただき、頑張って確定申告作ってみようと思いました♪

 

もちろん苦手な人は税理士さんにお願いしたら、やってもらえると思いますが、わたしは暇なので勉強がてら自分でやってみようと思います♪

 

そんなこんなで、

ドキドキした大阪日帰りひとり旅も無事おわりました(笑)

 


にほんブログ村







20歳になったら国民年金

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

1月8日今日は成人の日でしたね(*´꒳`*)

 

自分の頃はもうはるか昔過ぎて、今は姪っ子があと10年したら成人式かぁって思うことの方が現実味があります(笑)

 

 

毎年多くの男女が20歳を祝うが、成人に伴い国民年金への加入という新たな義務も生まれますよね(=´∀`)

 

老後だけではなく、いざというときの生活を支える公的年金の役割を、若者だけでなく親たちも一緒に考えて対応していって欲しいですね。

 

わたしたちの年金はどうなるのか?

不安も多く、年金未納なども社会問題となっています。

 

でも、

最も避けたいのが保険料を払わずに未納にすること。

学生の多くは公的年金の知識が少なく、お年寄りのための制度としか思っていない人もいるかもしれません。

 

 

公的年金は老後の暮らしだけでなく、若くても障害を負った人や遺族の生活も支えています。

でも保険料を払っていないとそれも受け取れません。

 

障害年金や遺族年金の支給には要件があります。

 

障害基礎年金は20歳から初診日の前々月までのうち、保険料の納付済み期間(免除・猶予含む)が3分の2以上、または初診日の前々月までの1年間に未納月がゼロといった具合です。

 

だれでも受け取れると思って相談に来て、要件を満たせずに驚く人もいるそうです。

 

保険料を払わなければ老後に受け取る年金額も減るが、20代にとっては遠い将来の受取額より、ケガや病気のリスクの方が身近なのかもしれませんね。

本人が自分で稼いで保険料を払うのはなかなか難しい場合は、経済的に余裕があるなら親が払ってあげるのことも一つの選択肢だと思います。

 

親が代わりに払うだけでなく、就職するなどで独り立ちしたら返してもらうのもよいでしょう。

 

どちらもその旨を本人に伝えておいた方がいいです。

 

「国民年金の保険料を払っておいたが、将来のあなたのためになる」などと話せば、本人の年金に対する意識が高まるのではないでしょうか?

 

親が未納だと子も未納になるとよくいわれています。

 

最も身近な大人である親が年金に肯定的な姿勢を示せば、子どもに受け継がれるかもしれないですね。

 

自分で払えず、親にも頼めない人は猶予や免除を申請する方法があります。

承認されれば、保険料を払わなくても納付期間に算入できます。

その代表が「学生納付特例」です。

 

学生は納付特例、無職の人などは免除を申請すべきだが、特例は全く年金額に反映されず、免除も全額反映されるわけではないのです。

 

追納(10年以内)しなければ、将来もらう年金額は減ってしまいます。

 

学生納付特例は年度ごとに申し込む必要があり、2年1カ月分までさかのぼって申請できます。

 

国民年金の加入は社会の一員になったひとつの区切り。

親も交えて、適切な対応を選びたいものですね(=´∀`)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村







FP金融資産運用

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

寒くって引きこもりがちな休日ですが、携帯の画面が割れたままブルーな感じです。

結局年末にiPhone8plusを予約してたんだけど、

やっぱり・・・

iPhoneXにしようと、今日ショップに予約変更に行ったので、さらに1~2週間かかりそうです(=´∀`)

 

 

お昼からウトウトしながらFPの勉強再開!

金融資産運用ということで、お金の勉強なので楽しみながら進めています(*´꒳`*)

 

ファイナンシャル・プランナーは税金、保険、年金などの幅広い知識と視野を持ち、ライフプランの設計を行うお金の専門家です。

身につける知識は年金・税金・資産運用・不動産・相続・保険など日常生活でも役立ちます。

学んだ知識は自分のライフプランニングにも活かせるはずと思って、超挫折しそうになりながら勉強中です(笑)

本当にこの歳で勉強するって頭になかなか入らないですね‥

でも、

お金の勉強をしていたらお金のありがたみが少しですがわかってきました(*´꒳`*)

今は、

無駄遣いせずに溜まったお金は投資への元金に使いたいって思います!

 

でも

投資は余裕資金で行うのが大原則

 

 

初めて投資をするときには、張り切って大金を充てようとする人もいます。

 

ビギナーズラックで利益を出せる人もいますが、値動きのある金融商品なので必ずしもいつも成功するとは限りません。

 

また場合によっては投資先の企業が倒産するなどにより、株式の価値がゼロになってしまうリスクもあります。

 

ですから、投資は余裕資金で行うことが大原則です。

 

余裕資金とは、万が一投資した金額がゼロになったとしても、生活に支障が出ない程度の金額です。

 

投資成績がマイナスとなる事態も想定し、家計に大きく影響しない範囲内の金額で行いましょうね(*´꒳`*)

 


にほんブログ村





FX申告分離課税

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

わたしは明日でお休みも終わりなので、年末年始もあっという間に終わりそうです(*´꒳`*)

遅れていたFPの勉強も合間をみて再開させました!

 

”不動産”がめっちゃ苦手で、なかなか進まず全く頭に入らなかったです。。。

 

 

とりあえず無理やり終わらせて、次へ進んでますが、、、

5月の試験に間に合うのかなって?というような気分になってきました(・∀・)

難しくて、なかなか頭に入らないけど、とりあえず進めていくしかないのか、、、

 

さてニュースでもよく耳にしている、、、

最近気になるワードは仮想通貨ビットコインです。

 

これから確定申告の季節を迎えますが、売買益は雑所得になるそうです!

 

ビットコインなどの仮想通貨などの急激な値上がりを受け、国税当局は多額の売却益を得た投資家らの調査を始めた。

数千万~数億円の利益を得た投資家らをリストアップ。

2018年の確定申告に向け、取引記録や資産状況をデータベースにまとめ、税逃れを防ぐ考えだ。

仮想通貨をめぐる本格的な情報収集への着手は、初めてとみられる。

 

↑こんな記事も目にするので、国税に仮想通貨などは特に目を付けられそうですね。

 

 

FXも雑所得ですが、通常のFXは”申告分離課税”ですが、仮想通貨ビットコインなどは”総合課税”になるそうです。

 

給与所得などの他の所得と合算して課税されるということです。

 

通常のFXで得た利益に対しては、一律20%の税金が別に課税され、他の所得と合算して課税されることはありません。

 

ビットコインなどの仮想通貨は”総合課税”ということで、給与所得などと合算されて税金がかかります。

 

つまり会社員として働いている場合は、会社でもらえる給与所得とビットコインなどの仮想通貨で得た所得と合算して所得税がかかる形になります。

 

通常のFXも最初は総合課税だったようなので、もしかしたら今後ビットコインなどの仮想通貨も盛り上がるにつれて、税金面で優遇されるようになるかもしれませんね♪

 

わたしは去年の終わりからFXを始めたばかりなので、経費の方がかなり多くかかっています。

でも確定申告しておけば、「3年間の繰越控除」があるそうです。

 

これは3年先の確定申告までの間に、もし利益が発生してもあらかじめ確定申告している損失があれば、その損失と向こう3年の間に発生した利益を相殺することができ、課税対象となる金額を抑える効果があります。

 

したがって、損をした人、経費の方が多かった人ほど来年以降、利益が出た時のために確定申告をした方が良いということ!

 

めんどうくさがらずに確定申告しておくと、きっと後々、節税効果を発揮できますよ!

 

 

気になるビットコインは置いといて、FXの勉強をコツコツしようと思います(*´꒳`*)

 


にほんブログ村







教育訓練給付金

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

今日は忘年会、明日はセミナーと自由きままにお休みエンジョイする予定ですが、最近FPの勉強してないのでまた気合いを入れないと思ってるところです(;´д`)

 

2017年も残りわずか。

今年1年を振り返り、「来年こそは!」とわたしもですが決意を胸に秘める方も多いのではないでしょうか?

 

「来年こそ資格を取ろう!」と思ったときに役立つ制度はご存知ですか?

 

 

◆資格取得にかかった費用の2割が戻ってくる!

雇用保険に1年以上加入している方なら、スキルアップの際に思い出していただきたいのが、「教育訓練給付金」です。

 

この制度は、例えばFP(ファイナンシャルプランナー)やネイリスト、運転免許などの一定の講座を受講すると、「かかった費用」のうち20%(最大10万円)が給付金として、後から戻ってくる制度です(2万円以上の講座が対象)。

 

20万円の講座を受講する場合は、その20%の4万円が給付されるため、最終的な自己負担は16万円で済むのです。

 

対象となる講座は、資格取得だけとは限りません。

さまざまな種類がありますから、教育訓練給付制度の検索ページで興味がある講座を探し、スキルアップを検討してはいかがでしょうか。

 

FPの資格取得にむけてこの制度をわたしも利用しようと勉強しています(*´꒳`*)

 

◆「かかった費用」の対象になるのは?

 

先ほど、給付金は「かかった費用の20%」とお伝えしましたが、かかった費用は教育訓練経費といい、本人が支払った入学金や最大1年分の受講料が対象です。

資格試験の受験料や交通費、パソコンなどの機材の購入費用は除外されますが、もしも資格試験に合格しなかったとしても、その講座を修了することで申請できます。

試験に合格するのが一番ですが、不合格でも給付金がもらえるのはありがたいですね。

 

◆どんな人が利用できるの?

 

受講するまでに、雇用保険に加入している期間が1年以上ある人が利用できます。

なお、今まで教育訓練給付金を使ったことがない人は1年以上の加入で利用できますが、過去に一度利用したことがある人は、利用から3年経過すると、再度使うことができますよ。

 

 

また、一旦退職した方も、退職日の翌日から受講までが1年以内であれば、失業中でも利用できます。

転職を考えている方は、この期間を上手に使ってスキルアップできますね。

雇用保険に加入していれば、正社員やパートなどの名称を問わず利用できるうれしい制度ですが、残念ながら、雇用保険料を納めていない公務員は、利用することができません。

 

自分が教育訓練給付金を利用できるかどうか分からない場合は、ハローワークまたは、受講予定の学校等で配布されている「教育訓練給付金支給要件照会票」を使って、郵送で確認しましょう!

 

いくつになっても学び続ける。

自己の充実・啓発や生活の向上のために、自発的意思に基づいて行うことがより充実した人生を送れるのではないかとわたしは思います(*´꒳`*)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村







金利

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

 

今日はクリスマスですね(*´꒳`*)

姪っ子達はサンタさんを心待ちにしてましたが、サンタさんからプレゼント届いたよ!って連絡ありました♪

良かったね〜♪

 

先日来年満期の定期預金のお知らせがきていました。

利息は微々たるものですが…。

 

普通預金の引き落としなど残不足防止のために、少額ですが総合口座内に定期預金を入れています。

 

定期預金を担保にして、一時的にお金を借りられる仕組みを定期預金担保貸付といいます。

急にお金が必要になると、こんなことを考えちゃいませんか?

「普通預金は必要な金額しか残っていないから、定期預金を解約するしかない!」

「親や兄弟にお金を借りるしかない!」

「カードローンやフリーローンを利用するしかない!」

でも、ちょっとまってください!

キャッシングやカードローンって、すごく高金利で年利14~15%が相場なんですね。

 

定期預金担保貸付は、なんと年利1%以下~1%台の低金利でお金を借りることができます。

しかも、定期預金を解約することなくお金を用立てることができちゃうんです。

利用条件は「総合口座を持っていること」と「総合口座内に定期預金を組んでいること」だけ。

ほとんど制限なく、しかも超低金利でお金を借りられるなら、カードローンよりずっといいですよね(=´∀`)

 

さてそもそも金利とは何なんでしょうか?

 

お金を運用する際、お金を借りる際に考えられるものが「金利」というものです。

正確には資金の借り手が貸し手に支払う料金でそれを年率に換算したものとなります。

言い換えると、金利はお金の貸し借りの値段ともいえます。

 

金利のしくみ

金利とは、お金を一定期間貸し借りする際の値段です。

例えば、100万円を1年間借りるとして、そのときに2%の金利を約束した場合には、1年間に2万円というのが、100万円を借りる値段であるといえます。

 

2%の金利よりも3%の金利の方が「金利が高い」と表現されます。

金利を受け取るのであれば、金利は高い方が有利です。

一方で金利を支払うのであれば金利は低い方が有利になりますね。

 

この金利というのは、お金を運用するとき、借りる時など、私たちの生活や貯蓄、投資活動において密接に関係してきています。

たとえば、銀行預金をするときの定期預金の利率(金利)、株式投資をするときの配当利回り、住宅ローンやカードローンなどでお金を借りる時に支払う利息(利子)など様々です。

 

ちなみに、金利を説明するときは似たような言葉が多いです。

たとえば、年利、利子、利息 、利率といったように同じような言葉がたくさんあります。

 

金利というのが「お金を貸し借りする時に支払う値段」という大きな概念となります。

 

そしてその値段の「率」をしめすものが「年利」「利率」といったものです。

5%というように「金利の水準」を指す言葉となります。

 

年利・・・1年あたりの金利の比率
利率・・・一定期間における金利の比率(通常は1年を指す)

 

どちらもほぼ同じ意味ですね。一方で利子や利息というのは、実際に支払う「金額」を指す言葉となります。

100万円を5%で借りた時の利子・利息は「5万円」ということになります。

この5万円が利子、利息です。

 

利子・・・支払う金利の金額(貸す側が使う)
利息・・・支払う金利の金額(借りる側が使う)

 

金利と経済の関係がまだまだよくわかってませんが、普通預金に入れていても低金利でお金を増やすことが出来ないので、何かしら考えなくてはですね(=´∀`)

 

 


にほんブログ村







これからの介護問題

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

今日はクリスマスイブですね(*´꒳`*)

昨日は皆んなで夜ご飯を食べに行きましたよ♪

 

ただ席に着くなり感じたのは、となりのおばさん達の女子会の声が大きくて…

 

ちょっとうちの家族はみんなイライラ気味でしたぁ…。

姪っ子ですらうるさいと感じでいたようです。

 

自分たちは楽しいからと大声で話しをするのはどうなんでしょうね?

 

個室ならまだいいですが、そうぢゃない場合、また隣との席が近かったので、会話の内容まで聞こえてくる感じでした。

 

大人の女性としていかがなものか?

 

「人のふり見て我がふり直せ」ではないですが、周りの状況を把握して行動できる人でありたいですね(=´∀`)

 

その後、うちで少しお茶をして私はお泊りセットを持って夜は姪っ子宅に泊まりにきてます(*´꒳`*)

 

子供たちは冬休みに入って約2週間くらいのお休みのようです♪

 

さてこれからの介護問題について考えたことはありますか?

 

わたしの両親は今は元気ですが、身近でも介護問題の話があったり、年齢を重ねるごとに不安になることがあります。

 

おひとりさまの不安はもちろんありますし、ご結婚されている方も家族のことなど、不安は人それぞれ色々ありますよね(=´∀`)

 

 

老老介護や、介護離職など超高齢化社会となった日本では、介護が大きな社会問題となっています。

 

介護はひとたびスタートすると、もう後戻りはできません。

前触れもなく突然始まることもあります。

 

場合によっては、介護により家族はライフプランの変更が必要になるかもしれません。

 

介護のスタート時期、費用、いつまで続くのか(期間)などの予想は難しく、仮に予算を立ててもその通りにいかないことが多いでしょう。

 

誰もが、介護する側にも介護される側にもなりうるわけです。

 

元気な時から、介護に関心を寄せ、日ごろのコミュニケーションの中でもぜひ家族でも話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

介護が必要となった時、最初の相談窓口は「地域包括支援センター」です。

 

高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、福祉、医療などとも連携しており必要な機関へつないでくれます。

 

次に、公的介護保険を利用するためには、要介護認定が必要です。

 

 

市区町村に要介護認定を申請すると、訪問調査員が訪ねてきて本人や家族から聞き取り調査を行います(認定調査)。

 

あわせて、主治医の意見書も参考に要介護度が判定されます。

 

認定調査を受け、介護度の重い方から順に、「要介護5~1」、「要支援2・1」、「自立(非該当)」と認定されます。

 

大雑把な言い方にはなりますが、要支援と要介護の違いは「いま現在介護が必要かどうか」です。

 

支援を受けることで「現状維持や改善」が見込める場合は「要支援」。

 

現状で手助けが必要な場合は「要介護」となり、その中でさらに細かく段階分けされています。

 

要支援では、リハビリなど要介護状態にならないためのサービスを受けます

また、自立(非該当)と認定された場合、介護保険は利用できませんが、市区町村が実施する介護予防事業(転倒予防教室や認知症予防教室など)を利用することができます。

 

何かあった時…頼れる家族や友人、支援できるサービスを気軽に利用でき、ひとりで抱え込まない世の中であって欲しいと願うばかりです(=´∀`)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村







セルフメディケーション税制

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

もう気分は休みモードですね~♪

今年も10日もきり、カウントダウン入ってきましたねっ!

 

 

わたしは今年はいつもになく後悔していること、悲しかったこと、やり残したこと、たくさんありました。

でも新しくチャレンジしたこと、踏み出したこともたくさんありました。

今は前向きに来年につなげていけれたらいいなって思います(*´꒳`*)

 

さて2017年1月1日から始まった税の特例ご存知でしょうか?

 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは?

 

健康診断やがん検診、予防接種などいずれかをけている人が厚生労働省から認めれたかぜ薬や湿布などの対象医薬品(スイッチOTC医薬品)を購入した金額が年間1万2000円を超えた場合に、上限額8万8000円まで所得控除を受けられる。

 

箱にマークが入っているものもあり、レシートには対象医薬品を示す印がついています。

 

この特例は確定申告をすることで利用でき、健康診断などを受けた際の領収証や結果通知書、対象医薬品を購入した場合の領収書などが必要となります。

 

従来の医療費控除と併用することはできないので、いずれか一方を選択して適用を受けることになります。

 

軽度な身体の不調を市販薬などにより自ら手当てすることは、自身のQOL(生活の質)の改善に役立つだけでなく、国の財政を圧迫している医療費の適正化にもつながります。

 

これまでは1年間(1月1日~12月31日)に自己負担した医療費の合計が10万円を超えなければ活用できなかった医療費控除ですが、この「セルフメディケーション税制」の施行により、定期健康診断、予防接種などを受けている人で、対象となる市販薬を家族の購入分を含めて年間12,000円を超えて購入した人は、確定申告することで所得控除が受けられるようになります。

 

そのために、ドラッグストアや薬局等にて市販薬を購入した際に受け取ったレシートや領収書は必ず捨てずに保管しておきましょう。

(従来の医療費控除制度を選択した場合には、治療のために購入した市販薬の購入代金を医療費の中に含めることができます。)

 

忘れずに確定申告しましょうね(*´꒳`*)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村







自転車保険

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

わたしは毎日マイカーで通勤しています♪

 

車の関係の会社なので自社の車なら通勤車として車で通えます(*´꒳`*)

車で通えるので楽ちんっと思う反面、事故に合うリスクも毎日なので高まります。。

自転車とぶつかりそうになったり、ひやっとしたことは何度かありました。

 

自動車と自転車だといくら自転車が悪くても、自動車の方が不利なので安全運転は常に心がけてはいますが。。。

無謀な運転する自転車も最近多く見受けられなって感じることもあります(・∀・)

 

 

先日、スマホを操作しながら電動自転車に乗っていた女子大生が歩行者とぶつかり、歩行者が死亡するという事故が起きていたことが発覚しました。

 

ながらスマホといえばこれまでも問題視されていましたよね!

 

女子大生はイヤホンを左耳につけていて、左手にスマホを持って右手には飲み物を持っていたそうです。

 

この女子大生は重過失致死で書類送検されるようですが、

この重過失致死とは、「業務上必要な注意を怠ったことにより、人を死傷させた」

という罪にあたります。

 

重過失致死では5年以下の懲役か罰金100万円のようですね。

 

その女子大生が自転車保険に入っていたかは分かりませんが、被害者の方は亡くなっています。

 

近年、自転車事故がマスメディアで取り上げられることもあり、損害保険会社が自転車プラン(自転車保険ではない)などとして保険を販売しているケースが増えています。

 

代替商品としてはたいてい交通事故傷害保険です。

商品説明をよく見ると、自転車事故以外の交通事故も対象になっているはずです。

これはこれで普通傷害保険などよりはずっと安いので、現時点での現実的な選択肢です。

 

新たに加入を考えなければ、最低でも個人賠償責任保険の加入は検討してみましょう。

この保険は自動車保険、火災保険、傷害保険などに特約できます。

保険金額1億円をつけても特約保険料は月々100〜150円程度です。

 

ケガの補償も必要なら自転車保険の加入も検討してみましょう。

 

また、クレジットカードの補償で付帯できるケースもあります。

自分の利用している様々なサービスなどを改めて確認してみましょう。

 

最近は増えてきましたが、損害賠償の補償に示談交渉サービスがあるかは確認しておいてください。

 

示談交渉サービスとは?

対人・対物事故を起こしてしまうと、被害者から損害賠償を請求されるので、自分で解決しようとすると多くの時間と労力がかかります。

このような賠償問題の解決を、加害者である被保険者に代わって保険会社が行います。

できれば付帯していた方が事故の際に負担が減ります。

 

お子さんやご家族で自転車を乗られる方がいる場合、自動車保険の証券を見直して付加したり、自転車保険の加入を改めて検討してみましょう(*´꒳`*)

 

自転車の事故やマナーの悪さをメディアで取り上げられることも多いので、

近い将来自転車保険の強制加入も導入されるかもしれませんね!

 


にほんブログ村







FP不動産

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

昨日は無事社内コンクールが終わりました。

寒いし、愚痴りたいこともありましたが、他人の振り見て我がふり直せではないですが、お勉強させていただきましたといえる、器の大きい人間になろうと思います(笑)

 

さて10月から始めてきたFPの勉強もなかなかテンションが上がらなくなってまいりました(笑)

最初の勢いはどこへいったのでしょうか?w

 

ただいまテキスト第4章の不動産を勉強しております。

身近かなことではないので、なかなかはまりません(笑)

 

 

FPのテキストは6章に分かれています。

 

①ライフプランニングと資金計画

②リスク管理

③タックスプランニング

④不動産

⑤相続・事業承継

⑥金融資産運用

 

最近はテキスト見るたびに眠気が襲ってきます(*´꒳`*)

 

学びオンラインプラスという動画やWebテストなども活用しながらテキストを読み進めて行ってるのですが、なかなか頭に入らずです。

 

 

あまりに眠くなるので、

日本FP協会というところがあるのですが、気晴らしにライフプラン診断をしてみました(=´∀`)

 

シングルの場合は、子供の養育費など負担がない分生活費が膨らみがちみたいです。

老後はひとりの年金しかないので、介護が必要になった時のためにしっかりと貯蓄することが大事のようです。

 

おっしゃる通りでございますw

おひとりさま頑張るぞっ!

 


にほんブログ村

 

ECC