タグ: 医療費控除

セルフメディケーション税制

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

もう気分は休みモードですね~♪

今年も10日もきり、カウントダウン入ってきましたねっ!

 

 

わたしは今年はいつもになく後悔していること、悲しかったこと、やり残したこと、たくさんありました。

でも新しくチャレンジしたこと、踏み出したこともたくさんありました。

今は前向きに来年につなげていけれたらいいなって思います(*´꒳`*)

 

さて2017年1月1日から始まった税の特例ご存知でしょうか?

 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは?

 

健康診断やがん検診、予防接種などいずれかをけている人が厚生労働省から認めれたかぜ薬や湿布などの対象医薬品(スイッチOTC医薬品)を購入した金額が年間1万2000円を超えた場合に、上限額8万8000円まで所得控除を受けられる。

 

箱にマークが入っているものもあり、レシートには対象医薬品を示す印がついています。

 

この特例は確定申告をすることで利用でき、健康診断などを受けた際の領収証や結果通知書、対象医薬品を購入した場合の領収書などが必要となります。

 

従来の医療費控除と併用することはできないので、いずれか一方を選択して適用を受けることになります。

 

軽度な身体の不調を市販薬などにより自ら手当てすることは、自身のQOL(生活の質)の改善に役立つだけでなく、国の財政を圧迫している医療費の適正化にもつながります。

 

これまでは1年間(1月1日~12月31日)に自己負担した医療費の合計が10万円を超えなければ活用できなかった医療費控除ですが、この「セルフメディケーション税制」の施行により、定期健康診断、予防接種などを受けている人で、対象となる市販薬を家族の購入分を含めて年間12,000円を超えて購入した人は、確定申告することで所得控除が受けられるようになります。

 

そのために、ドラッグストアや薬局等にて市販薬を購入した際に受け取ったレシートや領収書は必ず捨てずに保管しておきましょう。

(従来の医療費控除制度を選択した場合には、治療のために購入した市販薬の購入代金を医療費の中に含めることができます。)

 

忘れずに確定申告しましょうね(*´꒳`*)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村