タグ: 示談交渉サービス

自転車保険

こんにちは(´∀`*)

おひとりさまOLのTAKAKOです!

 

わたしは毎日マイカーで通勤しています♪

 

車の関係の会社なので自社の車なら通勤車として車で通えます(*´꒳`*)

車で通えるので楽ちんっと思う反面、事故に合うリスクも毎日なので高まります。。

自転車とぶつかりそうになったり、ひやっとしたことは何度かありました。

 

自動車と自転車だといくら自転車が悪くても、自動車の方が不利なので安全運転は常に心がけてはいますが。。。

無謀な運転する自転車も最近多く見受けられなって感じることもあります(・∀・)

 

 

先日、スマホを操作しながら電動自転車に乗っていた女子大生が歩行者とぶつかり、歩行者が死亡するという事故が起きていたことが発覚しました。

 

ながらスマホといえばこれまでも問題視されていましたよね!

 

女子大生はイヤホンを左耳につけていて、左手にスマホを持って右手には飲み物を持っていたそうです。

 

この女子大生は重過失致死で書類送検されるようですが、

この重過失致死とは、「業務上必要な注意を怠ったことにより、人を死傷させた」

という罪にあたります。

 

重過失致死では5年以下の懲役か罰金100万円のようですね。

 

その女子大生が自転車保険に入っていたかは分かりませんが、被害者の方は亡くなっています。

 

近年、自転車事故がマスメディアで取り上げられることもあり、損害保険会社が自転車プラン(自転車保険ではない)などとして保険を販売しているケースが増えています。

 

代替商品としてはたいてい交通事故傷害保険です。

商品説明をよく見ると、自転車事故以外の交通事故も対象になっているはずです。

これはこれで普通傷害保険などよりはずっと安いので、現時点での現実的な選択肢です。

 

新たに加入を考えなければ、最低でも個人賠償責任保険の加入は検討してみましょう。

この保険は自動車保険、火災保険、傷害保険などに特約できます。

保険金額1億円をつけても特約保険料は月々100〜150円程度です。

 

ケガの補償も必要なら自転車保険の加入も検討してみましょう。

 

また、クレジットカードの補償で付帯できるケースもあります。

自分の利用している様々なサービスなどを改めて確認してみましょう。

 

最近は増えてきましたが、損害賠償の補償に示談交渉サービスがあるかは確認しておいてください。

 

示談交渉サービスとは?

対人・対物事故を起こしてしまうと、被害者から損害賠償を請求されるので、自分で解決しようとすると多くの時間と労力がかかります。

このような賠償問題の解決を、加害者である被保険者に代わって保険会社が行います。

できれば付帯していた方が事故の際に負担が減ります。

 

お子さんやご家族で自転車を乗られる方がいる場合、自動車保険の証券を見直して付加したり、自転車保険の加入を改めて検討してみましょう(*´꒳`*)

 

自転車の事故やマナーの悪さをメディアで取り上げられることも多いので、

近い将来自転車保険の強制加入も導入されるかもしれませんね!

 


にほんブログ村